株式会社ヨコケンは、治山工事における木製残存型枠工法(丸太式残存型枠)の労力を独自開発の組立金具により軽減することに成功しました。

木製残存型枠・現場組立吊り込み工法 施工手順

1リフト目完了までのおおまかな流れを写真にてご紹介します。

1リフト図面

◇施工前・床掘完了状況

床堀1床堀2床堀3

◇型枠設置位置確認~基準となるパネル①の位置をマーキングする。

マーキング1マーキング2マーキング3

◇パネル組立~丸太の片側が直角になるように揃えて並べる。

陸組1陸組2陸組3

◇パネル組立~丸太に溝型鋼を取付け、所定の寸法のパネルになるよう端を切断する。

溝形取り付けコーチ留め丸太切り揃え

◇水抜穴を空ける~穴の両側をL形鋼で補強してから行う。

水穴空け1水穴空け2水穴空け3

◇パネル①を吊込み、マーキングに合わせて設置する。

吊り込み1吊り込み2吊り込み3

◇パネル②を吊込み設置、パネル①に接続する。

パネル並べパネル設置パネル連結

◇端翼部を実測し、パネル③を組立てる。

端部実測端部組立翼切断

◇パネル③を吊込み設置する。

端部吊り込み1端部吊り込み2端部設置

◇パネル④⑤⑥と続けて吊込み、設置する。

パネル追加1パネル追加2パネル追加3

◇もうひとつの翼部であるパネル⑦を実測、パネル③組立時に出た端材を利用して組立てる。

端材並べ端材組立端材切断

◇パネル⑦を吊込み設置、接続し全体をパイプサポート等により所定の勾配、並びを揃える。

端部吊り込み其の二1端部吊り込み其の二2パネル終了

◇漏れ防止材(ターポリン紙)を貼付け、1リフト目の型枠設置完了!!

ターポリン紙貼り付け1ターポリン紙貼り付け2完成手順書ダウンロード